読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tempestorm

じっくりコトコト煮込んだヲタク

ジャニーズJr.祭り@横浜アリーナ

嬉しいお誘いをいただき、
久しぶりの横浜アリーナに行ってきました。
まー楽しかったです!!

 

とっても"ジャニーズらしいコンサート"で、終始眼福。

昨今のJr.事情には詳しくないものの、
いま!この瞬間だからこその勢いと繊細さの無限スパイラルには、
嵐コンとは違う類の感動があって、とっても楽しめました。

 

以下、はじめてのジャニーズJr.コンサート第一印象まとめメモ。

 

■Prince

嵐担の私が唯一知っていたのは、Princeの岸優太くん。

岸くんと言えば、SHOCKで一際目を引いていて
「ラスト、あの上手側でグシャ泣きの子は誰?!」って
秒でパンフ確認した、あの岸くんです。(超主観)

 

あの時は、昔のおじゅんと重なるかわいさを感じて、
今Jr.で応援するならこの子だな〜くらいの気持ちだったのに。

あーーーっという間にかっこいいかっこいい枠に成長していて、
ユウタ溺愛だったコウイチ座長の身長も抜かしてしまt…(略)

 

そんな岸くん属する「Prince」は、
岩橋くん、神宮寺くんとの3人のバランスが
キャラクター的にもビジュアル的にも◎!(※個人の感想です。)

 

【絶対女子力マカロン男子・岩橋くん】
岩橋くんは以前にドキュメンタリーで見た時
リアル硝子の少年かな?ってくらい繊細で壊れちゃいそうだったのに
ずーーっとニコニコしてかわいかったなあ。

ナチュラル爆モテおにいさん・神宮寺くん】
神宮寺くんはすっごいイケメンに育ってて
なんかあいばさんみを感じる…。
果てしない伸びしろに本人が気付いてなさそうなのもいい!

【愛され最年長は無意識ハート泥棒・岸くん】
岸くんはかっこいいかわいいかわいいのかたまり。
「For the Glory」で花道を疾走してる時、
足が早すぎて人間界の星になってた。
ひゅうんってかんじ。(※過去雑誌参照w)

 

ユニットのオリジナル曲「Prince Princess」は
世界中お花畑にな〜れ!ってかんじのハッピーファンタジーソングで
衣装も王子様みたいで文句なしに似合うし、ずっと見ていられる。

このPrinceにうっすら感じる既視感は、たぶんPerfumeかな。黄金比

 


Mr.KING

あれ?Princeってトニセン、カミセンみたいなグループなかったっけ??
とっていう雑な覚え方してた事、心から謝りたい。

コンサート入るまでは、
どうしても平野くんと永瀬くんが見分けられなかったこともお詫び申し上げます。


・平野くんは、セクゾの勝利くんの親族(っぽいくらい似てるの意)
・永瀬くんは、スマホは糸電話(声が大きいの意)
・高橋くんは、キャラメルモカマキアートエクストラホイップ。(甘い甘い甘いの意)

Bounce To Night」でようやく
あ!!!Mステで見た事ある!って思い出したので、ブルレイ探そう。

 

Love-tune
おじゅんが元気に「ラブチューーーン!」と紹介し、
帝劇がズコーーーーっとなったのが記憶に新しいユニット。

正しくは「ラブトゥーン」。

そんな言い間違いも、わざとかな?かわいい!天使!
と思わせるのが嵐の末っ子、松本エンジェル潤です。
どうぞお見知りおきを。

閑話休題

このユニット、ダンスもできるけど楽器もできるご様子で
楽器持って踊り出したのにはびっくり!
トラジャと歌ってた「Fantastic Ride」好き。

 

Travis Japan

Japonismツアーでバックについてくれた、通称トラジャのみなさん。
彼らはダンスに限らず、パフォーマンス部門で個人的にダントツ1位でした。

V6のSupernovaから、タキツの山手線まで選曲も振り幅あって秀逸で、
宮近くん中心にまわすMCも安心の安定。

MCといっても、各ユニット30秒くらいのPRみたいな感じで、
トラジャはそこで、全員が自己紹介を兼ねたC&Rをしていて。

おそらくあの会場には私みたいな、ゆるーい人が少なからずいる中、
知ってる人は楽しく、知らない人は覚える機会になるお名前C&Rって
どこまで計算してるのかわからないけど感服。

トラジャ チャンピオン!!


ひとまずここまで。

横浜って、ジャニーズってやっぱり楽しい。